RUNNERS HIGH -福祉のミカタ-

鳥取読書道場11月『論語物語』

こんにちは!

鳥取は11月に突入して一気に肌寒くなりました。

鳥取は、カニが美味しい時期に突入するらしいですよ。

個人的には、雪がそろそろ心配になってきました。

さて先日、鳥取に移住して4回目となる読書会『鳥取読書道場』を開催しました。

課題図書は、「夜と霧」で2名の方に参加していただきました。

今回はその第5弾を開催の告知です。

鳥取の読書会を探している皆様、ちょっと覗いていってくださいませ。

鳥取読書道場とは?

毎月、指定された課題図書(名著)を読み終えて集まる読書会です。

名前は知っていてもキチンと読んだことがない場合が多いので、

この読書会を機会に読んでみませんか?

読んだ本の内容を人に話すことにより

頭の中が整理され深く理解することができます。

また参加者のコメントから新しい視点に気づくこともあるでしょう。

リラックスして真面目な話でなくても構いません。

あまり気負わずに自分の感じたことを共有してください。

今回もホンバコさんで開催

読書道場は鳥取駅から近くにあるBook Cafeホンバコさんで開催します。

「本で人と街がつながるきっかけを」

というコンセプトでカフェを運営されています。

店内には1000冊以上の本があるようですよ。

利用させていただいて雰囲気が気に入り、

相談させていただいたところOKをいただきまいた。

 今月の課題図書

下村胡人『論語物語』です。

『論語』の精神を後世に伝えたい・・

その一心で著者である下村胡人が生涯をかけて学んだ

『論語』を短編集として世に送り出した極上の1冊。

1つ1つのストーリーにユーモアを交えて、

とても読みやすい内容となっています。

きっと登場する弟子のなかで自分に似てるかも!

と思える人が出てきますよ。

読書会に参加することを機にぜひ読んでみてください。

開催日時

2017年11月28日(火)

19時~20時30分まで

19時前までには入店し、ドリンクを購入ください。

途中参加・退出どちらもOKです!

定員

6名

持ち物

1.2017年11月課題図書  下村胡人『論語物語』(講談社学術文庫)

2.人に教えてあげたい本、読んでみたい本 (自己紹介の時にシェアしていただきます)

3.筆記用具

参加費

ドリンク代のみ 1Fレジでドリンク等を購入してください。

参加方法

FBイベントページで参加を押してください。

または

tottoribooks@gmail.com 西嶋まで申し込みください。

会場

BookCafe ホンバコ
鳥取市末広温泉町154
JR鳥取駅 北口 徒歩5分 日光路線バス 「本通り」 徒歩1分

鳥取読書道場で得られること

・新しい自分を発見するきっかけ
・本を月1冊読む習慣
・素晴らしい仲間との交流
・明日につながる、モチベーション
・仕事脳を切り替えてリフレッシュ

こんな方はご参加ください

・夜の時間を有効に使いたい
・読書仲間が欲しい
・ホンバコが好き
・サードプレイスが欲しい
・平凡な毎日にスパイスを
・モチベーションを上げたい 等

本読書会の信条

・人と本の出会いに感謝
・参加者の数だけ答えがある
・相手の言葉を否定しない

参加条件、ご注意点など

・課題図書は持参ください。
・開催目的外の勧誘等はご遠慮ください。

2017年課題図書(予定)

・7月 岸見一郎『嫌われる勇気』
・8月 カーネギー『人を動かす』
・9月 福沢諭吉『学問のすすめ』
・10月 V・E・フランクル『夜と霧』
・11月 下村湖人『論語物語』
・12月 スティーブン・R・コヴィー『7つの習慣』&忘年会
===============================
最後までご覧いただき、ありがとうございます! それでは、皆様にお会いできる日を楽しみにしています^^ お気軽にご参加ください♪

関連記事

僕は論語物語を愛しすぎている・・・論語って何?孔子って誰?ということから読み始めた中尾の気づき | RUNNERS HIGH -福祉のミカタ-

いきなりですが、皆さんは何度も繰り返し読みたくなるような本はありますか? きっと本を読み返す方は… 本に出てくる登場人物との境遇が自分と似ていたり、 尊敬している方に紹介してもらった本であったり、 ただ、純粋に大好きだったりするでしょう。 僕にはあります。 それも愛しすぎていて、5年間で15回以

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ