RUNNERS HIGH -福祉のミカタ-

【お尋ね】4歳男の子の病名は、脳幹部神経膠腫(こうしゅ)。治療で有名な方ご存知ないですか?

昨夜、小中学校時代以来の友人から久しぶり電話があった。

「脳外科の先生を知らないか?」という内容だった。

詳しく聞くと、

4歳の男の子が余命13ヶ月の宣告を受けて、自分の力で動ける時間は年内ということだった。

現在の状況

病名は、脳幹部神経膠腫(こうしゅ)で、

放射線治療を受けたが完全に取り除くことはできなかったということ。

現在は、抗ガン剤治療中。兵庫のこども病院では手術不可と言われているそうだ。

どうしても諦めきれず、

1%でも可能性があるならばと電話をする中で僕を思い浮かべたという。

ただ、そのような病気を解決できるような人を僕は知らないと答えた。

何か彼のためにできないかと考え、今に至ります。

もしどなたか御詳しい方をご存じでしたら紹介いただけないでしょうか?

注意

※今回の記事は子どもの命を懸命に助けようとしている友人に宛てたもので

閲覧数を目的としたものではありません。

また、こちらで紹介している医療機関の良し悪しの根拠はなく分かりません。

FBを通じて教えていただいた情報を時系列で載せています。

ご了承ください。

FBの友人から教えてもらった情報

福島孝徳先生

海外にいらっしゃる。

日本での手術を予定し帰って来られる。

日本では4・5ヵ所の病院で手術されてる。

http://dr-fukushima.com/hospital

山本クリニック

発現した部位などにより厳しいケースもあるかとは思いますが、

相談するだけでも何かヒントになるかもしれません。

http://www.clinicayamamoto.com/

国立がん研究センター

先進医療を中心に行っている。

専門医が集まりやすいかもしれない。

http://www.ncc.go.jp/jp/

メディポリス国際陽子線治療センター

九州初のがんを陽子線で治療する先進医療機関。

陽子線治療は、放射線治療のひとつ

ミクロの粒子を用いる粒子線治療の一種

http://medipolis-ptrc.org/

小児脳幹部グリオーマの会(患者の会)

管理人さんの娘さんは四歳の時に「脳幹部グリオーマ」の診断を受け

その後、約二年の闘病を経験し、現代の医療技術をもってしても

なかなか及ばない病気が存在するということを知られたそうです。

奇跡の実現を願って、この病気と関わる方々の集う場を

作りたいと思い当サイトを立ち上げられています。

情報が集まるかもしれない。

http://glioma-net.com/page6

10際長男余命9か月~長男闘病の225日~

このウェブサイトは病名宣告からの病院探し、

闘病の様子、闘病を終えてからの家族の様子、

同じ病気で苦しむ家族のために伝えたいことを集大成にしたもの。

http://kentarou0316.net/index.php?FrontPage

沢山の情報感謝いたします。

また随時アップしていきます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ