RUNNERS HIGH -福祉のミカタ-

上杉鷹山はどんな人物なのか?

上杉鷹山の偉人講座がいよいよ本日となりました。

ありがたいことに参加者は12名もいらっしゃるそうです。

偉人講座とは

偉人講座は、教科書のようにあったその時代に起きた出来事だけを暗記するものではありません。

1人の歴史上の人物に焦点を当てて、その人の生きざまを知るような勉強会です。

1時間30分という時間の中で伝えられることは限られるので、

上杉鷹山がどんな人物なのか?

そして、どのようなことを成したのか?

というようなことを知っていただける機会にしたいと考えています。

今回は少し早めではありますが、その内容を紹介します。

上杉鷹山は何者か?

上杉鷹山は、江戸中期の人物。

13歳の時から政治には参画していたというから驚き。。

幕府への領地返上を考えるほどの財政危機に瀕した米沢藩を斬新な藩政革命と藩士の意識改革で蘇らせた革命家です。

当時の米沢藩の状況

とにかく当時の米沢藩は瀕死の状態でした。

その理由を知るためには、上杉家の歴史を知らなければなりません。

元々、戦国の軍神・上杉謙信という人物が治めていた藩。

敵に塩を送るという言葉で有名ですよね。

そんな上杉家は、景勝の時に関ヶ原の合戦で豊臣家側についた関係で領土を厳封されたのです。

200万石を30万石という大幅厳封。

しかし、領土を大幅に厳封されたにもか関わらず、

・これまでの風習に従い散財

・人員整理をしないどころか給与は今ままで通り

というような全く財政状況を考慮していませんでした。

そのため破綻寸前の状態に陥っていたのです。

さらに追い打ちをかけたのは、赤穂浪士にうたれた忠臣蔵でも有名な吉良上野介。

3代目藩主・綱勝が病死したのちに自分の息子を送り込んだ。

そして財政の以前に増して、支出を膨らませていきました。

例えば書院を新しく造営するなど、お構いなし。

江戸では、貧乏といえば「上杉家」というぐらいのイメージがついていたのです。

救世主現る?

そんな状況のなかで抜擢されたのが鷹山でした。

これまでの米沢藩は

・情報は一部の人しかしらない

・イエスマンしかおらず、考えることのできる人材登用ができたいなかった

また権力やお金によって心が移ろう人物が多かったのです。

そのためまずは、人事に力を入れたのでした。

その時の採用基準は、今までの自分の言い成りになるイエスマンではなく一線を画するものでした。

藩の指針

その抜擢がうまく当てはまったのでした。

そのメンバーに藩の指針を考えさせました。

徹夜をしながら考えた政策は、

藩が潤えばいいという自己中心主義ではありません。

民のために藩が動くために考えられたものです。

それまでの徳川幕府がなぜ今まで上手くいかなかったのかを分析すると

・経営改革の目的がよくわからない

・その推進者が一部の幕府エリートに限られていた

・改革をおこなう幕府職員にも、改革の趣旨が徹底されていなかった

・当然、国民にも知らされず押し付けられていた

・改革を進める官僚は、すべてエリート。部下に指示・命令として方法を押し付けていた

弱いものを救う政治の実現

上杉鷹山が目指したのは、全く逆の目的。

愛と信頼を基本理念としました。

そして、鷹山は、改革について語った。

・藩の実態を白書にすること

・目的を民富と定め、藩政改革を進めること

・目標を達成するためには自分では無理であることもさらけ出す

実態も知らず、よそ者で、若く経験が不足しているから。

経営方法

まとめると下記のようになります。

鷹山の思想

上杉鷹山の思想は、師匠である学者の細井平州の思想を受け継いだものです。

とにかくまずは、自らが模範になること。

この思想を貫き通しました。

倹約をするにしても徹底しており、妻の暮らしでさえも贅沢を許しませんでした。

ただ、使うべきところではしっかり使うよう考えでした。

真心を大切にしたのです。

鷹山式、働き方改革

鷹山は、今でいう働き方改革を実施した人物ではあります。

このような世間の当たり前に惑わされない、本当に何が大切なのか見極めた人物でもありました。

決断すべきときは徹底する

このような姿勢が実を結び、改革は成功します。

元々、作物を育てるには向いていない場所だったのですが、

桑や漆など土地にあった作物を使った商品を販売して財政を建て直していきます。

この功績は鷹山だけでなく、右腕の竹俣当綱の尽力も大きかったわけです。

しかし、この右腕の竹俣は魔が刺して、いつしか賄賂を受け取り、自分よがりの動きをしてしまうようになりました。

その時に、鷹山は許しませんでした。

泣く泣く、苦渋の決断をします。

謹慎をくだすのでした。

偉人講座でどんなことを伝えたいか

私が偉人講座でやってみたいことは、

もし自分がそのような立場だったら、どのような決断をするだろうか?

と参加者と対話をしながら考えてみることです。

今日、どのような答えが生まれていくか楽しみです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ